16.10.2015

WEIG-Kartonはヨーロッパで最大のリサイクルボード工場を運営しています。この工場は、包装産業用の折りたたみボックスボードと建築産業用の技術ボードを製造しています。

製品品質に不可欠なウェブモニタリング

製紙業界では、顧客の要求が絶えず増加しており、製品の品質を継続的に改善しなければなりません。 WEIG-Kartonは、顧客の期待に応え、さらにそれを超えるために、集中的な品質管理プロセスを導入しました。

WEIG-Kartonは2009年からプロシメックスと緊密に連携し、折り畳み式ボックスボードラインの光学プロセス監視を改善してきました。当初、完全に統合されたプロシメックのWebモニタリングおよび検査システムを導入しました。2013年には、カメラを最新のフルHD技術に更新することで解像度が倍増し、製品品質の改善のための可能性がさらに高まりました。

Weig社とプロシメックスのコラボレーション

2013年、WEIG-Kartonは、トラブルシューティングの精度を向上させるために、石膏ボード原紙マシンKM6のウェットエンドに4台のFullHDピンホールカメラを取り付けました

この新しいカメラは大成功でした。オペレーターがウェットエンドの適切な場所のトラブルシューティングに集中するのに役立ちました。最初の実験の成功は、WEIGとProcemexのさらなるコレボレーションにつながりました。チームは一緒に、ウェットエンドだけでなく、ボードマシンのすべてをカバーするカメラシステムの導入コンセプトを検討しました。

特殊領域でのシームレスな検査

我々チームの画期的なアイデアは、ピンホール・ウェブ・イン・スペーション・ビームでワイヤを監視することでした。 プロシメックスはこれまで、ピックアップ部でカメラビームを使用した検査で良好な結果を得ていました。全幅のウェブモニタリングと抄紙機の特殊領域での検査のためのピンホールビーム技術を開発しました。この技術は、従来のカメラウインドウのクリーニングに必要であったワイパー機構などの妨害もなく、シームレスな保証するものです。

この新技術のおかげで、ウェブ検査ビームは紙や板紙機械の最も要求の厳しい領域でも使用できます。

これは、プレスセクションの出口側とサイズプレスの入口側に適したビーム技術でした。ピックアップ部とあわせた3つのビーム位置で同じ画像解像度を使用して、互いに事象を比較することができます。

KM6のヘッドボックスにビームに沿って単一のピンホールカメラを設置しました。今や欠陥とその根本原因は、消去法によって素早く同定することができます。

さらなる改善

KM6の包括的なソリューションを開発するために、追加のウェブ監視カメラをセカンドプレス、プレドライヤー、サイズプレスの出口に設置しました。.

経験豊富なプロシメックスと、WEIG-Kartonのチームで、システムは2014年8月に完成しました。プロシメックスは、オペレーターとエンジニアに、システムを効率的に操作し、管理するようトレーニングしました。今日では、合計40台のシングルカメラを使用して抄紙機のプロセスと品質を監視し、3台の42インチモニターでは生産のライブイメージを表示しています。

 

Weig-Karton担当マネージャーHenning Dippel氏の言葉

「試運転後、プロセス監視の品質が大幅に向上しました。対応に要する時間は大幅に短縮されました。」

「欠陥検出に加えて、ワイヤとフェルトの状態監視は、材料の経済的な運用を保証する上で重要な役割を果たします。例えば、第3ドライヤーグループのフェルトの穴とフォーマーセクションのワイヤー欠陥は、すばやく検出し修正することができます。

プロシメックスCEO Mika Valkonenの言葉

「ProcemexピンホールカメラとLEDライティング技術は、最も困難なウェットエンドと仕上げエリア環境向けに特別に開発されました。ウェブブレークや欠陥の根本原因を分析して理解し、迅速に除去することが不可欠です。」
「我々は3年前にフィンランドでウェットエンドフレームのコンセプトを開発し始めました。最初のピンホールカメラビームは、抄紙機のピックアップフェルトの下に設置しました。これは、マシンの走行性の問題を解決し、機械の効率を改善するのに非常に役立つことが判明しました。私たちは、このコンセプトが、従来のソリューションでは十分なクリーンなパフォーマンスが得られないいくつかのポジションでも機能することをすぐに認識しました。
「フォーミングセクションのモニタリングは特に重要です。ウェブブレークの80〜90%はそこが起点となるからです。」
「Weig-Kartonのような革新的な顧客とのコラボレーションは、従来の境界線を超えてプロセスと品質の理解を促進します。これがマシンの効率と製品品質を向上させる唯一の方法です」