抄紙機の劣悪環境部での冷却およびクリーニング

製紙工場の省エネには、エアーの消費量削減が重要な要素となってきている。

多数のカメラと照明の冷却のために、大量のエアーが消費されている。

ペーパーマシンに装備するカメラが増加するにつれ、冷却エアーの消費量が増えることが、大きな問題となりつつあります。

プロシメックスは、冷却エアーの消費量を抑えるツールを開発しました。

10-40%冷却エアーの消費量を削減します。

 

  • カメラと照明の冷却エアーの共用化
  • 水冷対応の照明
  • エアーフローの最適化

 

ピンホールカメラ:トリムスカート部
ライナーマシンに取り付けたピンホールカメラ 使用後もカメラハウジング中央部のピンホール部には変化はなく、100%視野を確保している。

劣悪なウェットエンド部に設置したWMS用カメラは、ピンホールハウジングと適切なエアフローのおかげで、常に完全な視野を保っています。ハウジング中央のピンホールを通して高速でエアーを流すことにより、水分やごみのハウジング内への侵入を防いでいます。ハウジングはガラス窓はなく、その汚れの心配もありません。ピンホールカメラはハウジング中央のホールを通して紙面を観察します。

このピンホールを利用したカメラハウジングは、エアーの消費量を削減するだけなく、メンテナンスフリーで使用できます。窓のクリーニングも必要ないため、ワイパーが視野を遮ることもなく、100%の検査を実現します。

カメラの冷却

 

カメラハウジング内の断熱によって冷却エアーの消費量を削減しています。60度以上の環境においては、カメラの正常動作確保のため、ボルテックスクーラーを使用します。さらに高温のエリアでは、水冷を使用します。

ストロービングLED照明

省電力だけではなくエアー消費量の削減においても、ストロービング照明は効果を発揮します。

特に高温で火災発生リスクのある場所においては、常灯の照明との差はより大きくなります。

ストロービング照明の洗浄

カーボンファイバー製フレームと照明

ウェットエンドに設置する場合には、照明には水洗機能を付加します。

カーボンファイバー製フレームは断熱されており、内部のカメラと照明は少量のエアーで冷却可能です。