3.10.2014

プロシメックスは、Stora Ensoの中国Biehai工場向けの新ボードマシン用のProcemex-TWIN システムを受注しました。

Stora Ensoは、中国南部の広西省北海(Beihai)にある新しい高品質液体包装および折りたたみボックスボードライン用の検査システムをプロシメックスに発注しました。

Procemex TWINシステムは、WMS(ウェブモニタリングシステム)とWIS(欠陥kんさシステム)を統合し、断紙の解析と紙品質検査をカバーします。

このボードマシンには、26台のWMSカメラによるウェブブレーク解析と、複数のWISフレームによる紙品質検査を行うシステムを実装します。

このシステムは、Procemex-Flex高速マトリックスカメラ技術とストロボLED照明を使用しています。この技術は、特に高品質の検査ニーズをカバーするために開発されました。この注文は、Stora Enso社に対する30件目の注文です。

2016年までには、広西チワン族自治区の北海市の郊外に、フル稼動する民生用ボード機が設置され、後に化学パルプ工場が設立される予定です。中国は現在、木材やの輸入に依存しているため、Stora Ensoの管理下に大きなプランテーションも設立されています。これらのプランテーションは、合計9万ヘクタールの土地をカバーしています。これは、香港の地域よりわずかに大きい地域に相当します。北海への総投資額はStora Ensoの歴史のなかで最大のものとなるでしょう。.

Stora Ensoは、紙、バイオマテリアル、木材製品および包装産業の世界的な企業です。 Stora Ensoは、常に古いものを見直し、再生可能な材料を基に顧客に新しい革新的なソリューションを提供しています。Stora Ensoは35カ国以上で約2万8000人を雇用しており、ヘルシンキとストックホルムに上場している上場企業です。