8.1.2015

Stora Ensoは、Varkaus工場 PM3用のWeb監視およびWeb検査システムにProcemex-TWINシステムの導入を決定しました。

Stora Ensoは、フィンランドのVarkaus 工場ファイン・ペーパー・マシンをバージン・ファイバー・ベースの段ボール原紙に変換する際に約1億1,000万ユーロの投資を行いました。Varkaus 工場の生産能力は、クラフトライナーが年間約390,000トン、未晒しクラフト・パルプが310,000トンとなり、2015年の第4四半期には段ボールの生産が開始される予定です。

Stora Ensoは、Varkaus工場 PM3用のWeb監視およびWeb検査システムにProcemex-TWINシステムの導入を決定しました。

このシステムは、20台のWMS用およびWIS用スマートカメラにより、ウェブブレークと欠陥発生の解析アプリケーションと品質検査を実現します。システムは2015年の最後の四半期に出荷されます。

このシステムは、Procemex-Flex高速スマートカメラ技術とストロボLED照明を使用しています。この技術は、特に高品質の検査ニーズをカバーするために開発されました。この注文は、この注文は、Stora Enso社に対する32件目の注文です